あそまめ創作教室

“ 自分でつくってあそんでまなぶ ”

「あそんで まなんで 芽を伸ばす」

ここからあそまめという名前が生まれました。



子どもたちは自由にあそぶことによって、自分で自分の行動に「責任」を

とるということを学びます。“あそび”の中でのコミュニケーションを通して、

感情をコントロールする能力を高め、仲間とうまくやっていくスキルを身につけ

成長していきます。子どもたちは体験しないと学べません。

さまざまな手指の動きを必要とする“手づくり”は、いろいろな物にふれ

5つの感覚器官を刺激し、子どもたちの知能を無理なく発達させてくれます。

あそまめ創作教室では、試行錯誤しながら自分で手づくりをし、

親や仲間とたくさんあそんでお話しをして、豊かな心と知能を育てる体験を、

子どもたちと一緒にして行きたいと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿